医療法人財団 東京勤労者医療会 代々木病院

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-7

  • tel:03-3404-7661(代)
当院について
病院概要
院長あいさつ
院長 河邉 博正

日頃より、地域住民の皆さま、代々木病院健康友の会の皆さま、医療機関・介護事業所の皆さまには、当院の医療・介護にご協力を頂き、心から感謝申し上げます。


当院は大きな柱として、在宅療養を支援する病院としての役割と、急性期の入院治療を終えた方が地域で安心して生活ができるよう架け橋となる役割を担っています。

多職種のスタッフがチームを組み、リハビリテーションの提供を含めた退院支援に力を注ぐとともに、HPH(Health Promoting Hospital=健康増進活動拠点病院)の視点を持ち、訪問診療をはじめとして、訪問リハビリテーション・通所リハビリテーションを併設して、退院後も安心して暮らし続けられる街づくりにも貢献できるよう取り組んでおります。


現在、私たちは貧困と格差の拡大や超高齢社会といった問題に直面しています。

「差額ベッド料が払えない」「認知症が進行したり、体が動かなくなってもう家では暮らせない」などの声も聞かれます。私たちの病院ではこれらの問題に正面から向き合い、差額ベッド代を一切頂かず、「無差別・平等の医療・介護の実践」と「総合的な医療・介護の質の向上」を目指し、今まで以上に皆様との連携を強めて参ります。


代々木病院が地域から信頼され、地域になくてはならない存在となれるよう、職員一同努力致します。

今後とも、よろしくお願いいたします。

交通アクセス

住所:〒151-8556 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-7

電話:03-3404-7661(代表)

交通アクセス
電車をご利用の場合
  • JR総武線 千駄ヶ谷駅から徒歩3分
  • 都営大江戸線国立競技場駅 A4出口から徒歩3分
  • 東京メトロ副都心線 北参道駅から徒歩10分
バスをご利用の場合
  • 都営バス [黒77] 千駄ヶ谷駅前行 終点下車
  • 神宮の杜(もり)ルート(神宮前・千駄ヶ谷ルート)国立能楽堂下車徒歩2分

駐車場はございませんので、なるべく公共交通機関をご利用くださいますようお願い申し上げます。

概 要
所在地
  • 住所:〒151-8556 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-7
  • 電話:03-3404-7661(代表)
  • FAX:03-3404-7456
病床数

150床(地域包括ケア病棟52床、回復期リハビリテーション49床、障害者施設病棟49床)

診療科目

内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・外科・整形外科・精神科・皮膚科・泌尿器科・婦人科・眼科・リハビリテ-ション科・麻酔科

施設基準等
  • 基本診療料

障害者施設等10対1入院基本料 診療録管理体制加算2 特殊疾患入院施設管理加算

重症者等療養環境特別加算 医療安全対策加算2 感染防止対策加算2

患者サポート体制充実加算 入退院支援加算2 総合評価加算 後発医薬品使用体制加算1 データ提出加算1 回復期リハビリテーション病棟入院料2 リハビリテーション体制強化加算

地域包括ケア病棟入院料1 入院時食事療養費(1)

  • 特掲診療料

機能強化加算 がん性疼痛緩和指導管理料 ニコチン依存症管理料

がん治療連携管理料(肺・肝臓・前立腺) 薬剤管理指導料 医療機器安全管理料1

機能を強化した在宅療養支援病院2(連携型)

在宅時医学総合管理料及び特定施設入居時等医学総合管理料 在宅がん医療総合診療料

検体検査管理加算Ⅰ・Ⅱ ロービジョン検査判断料 CT撮影16列以上マルチスライス

無菌製剤処理料2 脳血管リハビリテーションⅠ 廃用症候群リハビリテーションⅠ

運動器リハビリテーションⅠ 呼吸器リハビリテーションⅠ 精神科ショートケア(大規模なもの)

精神科デイケア(大規模なもの) 人工腎臓 導入期加算1 透析液水質確保加算

胃瘻増設

その他の指定事項

救急告示医療機関

日本病院会指定人間ドック優良施設

渋谷区健康診査実施医療機関

渋谷区国保無料健康診査実施医療機関

渋谷区予防接種委託実施医療機関

臨床研修病院(協力型)

日本糖尿病学会認定教育施設

日本眼科学会専門医制度研修施設

全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防健診指定


健康保険指定医療機関、国民健康保険指定医療機関、労災保険指定医療機関、生活保護指定医療機関、

身体障害者福祉法指定医療機関、結核予防法指定医療機関、育成医療指定医療機関、更正医療指定医療機関、

原爆被爆者援護法指定医療機関、精神保健福祉法指定医療機関、公害健康被害補償法指定医療機関

私たちの理念
代々木病院の医療福祉宣言
ヒューマニズムにもとづく医療・介護の実践

代々木病院の前身である代々木診療所は、戦後の荒廃した国土のなかで、地域住民の命と健康を守るために開設されました。

以来、はたらく人々・地域住民・障害者・高齢者の医療に力をつくし、被爆者医療・労災職業病・薬害問題などにも取り組みました。そのなかで、人権尊重の医療と、差額ベッド代なしなどの差別のない医療をめざしてきました。

この歴史をうけつぎ、私たちの理念を実現するために、以下のことを共同組織と一緒にすすめることを宣言します。

基本方針
  • 患者・利用者さんの思いに共感し、人権を大切にした医療・介護を行います
  • 在宅支援型病院として地域に貢献します
  • 医療・介護の安全性と質を、チーム医療の力で向上させます
  • 質の高いリハビリテーションの提供で患者さんの自立を支援します
  • 平和で社会保障の充実した社会をめざす活動をにないます
  • 活き活きとした職員の労働を基礎に、非営利協働の病院経営を打ち立てます
2003年11月 代々木病院(2011年2月改訂)
患者の権利章典

患者さんは、人権が尊重され、差別のない医療を受ける権利をもっています。また、医療は患者さんと医療従事者との信頼関係の上に成り立ち、協力、協同して作り上げていくものです。

私たち、患者さんの医療に対する主体的な参加を支援し、患者さんの立場にたった医療を実践していきます。ここに、患者さんと患者さんの役割を明示し、よりよきパートナーシップを築いていきたいと考えています。

患者さんの権利を守ります
  • 良質な医療を公平に受ける権利

患者さんは、誰でも差別されることなく、良質な医療を公平に受ける権利があります。

  • 個人の人格が尊重される権利

患者さんは、人格、価値観などが尊重され、医療従事者との信頼関係のもとで医療を受ける権利があります。

  • 十分な説明を受ける権利

患者さんは、病気、検査、治療などについて、理解できるまで十分に説明を受ける権利があります。

  • 治療方法を自ら決定する権利

患者さんは、治療方法などについて、自分の意見を表明し、決定する権利があります。

  • 診療記録の明示を求める権利

患者さんは、診療録の開示を求め、自分の受けている医療について知る権利があります。

  • プライバシーが守られる権利

患者さんは、個人情報やプライバシーについて厳正に守られる権利があります。

患者さんの役割
  • 患者さん自身の健康に関する情報を正しく伝えてください。
  • 医療に関するご希望を率直かつ積極的にお伝えください。
  • 安全な医療をおこなうために本人確認などのお願いに、協力してください。
  • 他の患者さんの診療に支障を与えないように配慮してください。
  • 医療者を一緒に育てるお気持ちを持ってください。
代々木病院の沿革
代々木病院の沿革
個人情報保護方針

1.東京勤労者医療会(以下「当法人」とします)は、当法人が経営する病院・診療所・訪問看護ステーションで、患者様・利用者様の医療・介護サービスを最大限効果的に実践するという目的で、患者様・利用者様の個人情報を収集し、記録し、保管し、活用させていただきますのでご了承ください。なお、患者様の医療・介護サービスに必要な個人情報の収集・記録・保管・活用するにあたっては、サービスの提供を申し込まれた時点で包括的に患者様の同意が得られたものとして取り扱いますが、個別に同意できない事項がありましたら遠慮なく関係職員に申し出てください。また、いったん同意されたあとでも、その同意を取り消したり、一部修正したりできますので、その際は関係職員に申し出てください。

個人情報の内容の例示は次の通りです。
  • 患者様・利用者様の主観的な訴え、これまでの病歴、家族構成など
  • 患者様・利用者様の身体に関する客観的な測定結果、撮影された画像、それらに関する従事者の所見など
  • 診療・介護サービス提供の経過
  • 各診療・介護サービス従事者の患者様・利用者様の状態に関する所見
  • 医療費、介護費の支払いに必要な個人情報(保険番号、住所等)
個人情報の当法人内での使用の例示は次の通りです。
  • 診療・介護サービス提供を効果的にすすめるための判断材料
  • 法令に基づく医療費の請求事務
  • 法令に基づく伝染病等公衆衛生に関する届け出、通知
  • 当法人職員の研修
  • 当法人が受け入れている学生の実習、当法人以外の医療機関、介護機関等に属する研修生の研修
  • 病棟の管理、外来窓口の管理
  • 法令に基づく公的機関の監査・監視
  • 当法人の診療およびその他の業務の向上に資する目的で、個人情報には該当しない症例資料、統計資料等を作成する場合
  • 当法人の病院・診療所に対応する共同組織(代々木病院友の会など)や患者会への入会のお勧め
  • 個人が特定できない「匿名化」を施した症例・事例の情報を、当法人以外の学会発表や研修会の検討資料として利用する場合
個人情報の第三者への提供の例示は次の通りです。
  • 当法人以外の医療機関、介護サービス機関と連携して患者様、利用者様にサービスを提供する場合。
  • よりよい診療・介護サービス提供のため、当法人以外の医療・介護機関の医師、薬剤師等専門家の意見・助言等を得ようとする場合。
  • 検体検査など特定の専門的業務を当法人以外の機関に委託する場合。
  • 医療事務、電子計算機業務などを当法人以外の機関に委託する場合。
  • 医師賠償責任保険などに関わる医療・介護の団体や、保険会社などへの相談または届け出等。
  • 当法人の病院・診療所に対応する共同組織(代々木病院友の会など)へのご入会をお勧めする場合。

2.患者様、利用者様本人は、自らの個人情報の収集・使用のあり方について、自らの意思を表明する権利があり、私たちはその意思を尊重します。

  • 特定の第三者(家族も含む)からの情報収集を拒否することができます。
  • 特定の第三者(家族も含む)への情報提供を拒否することができます。ただし、法令等で医療・介護機関の義務とされる場合は例外とします。
  • 特定の個人情報の利用(研究・研修その他、直接本人の診療・介護サービス提供とは関係ないもの)を拒否することができます。
  • 個人情報の収集、使用のあり方について説明を求めることができます。

3.患者様・利用者様の個人情報は基本的に患者様・利用者様のものであり、情報の開示、誤りの訂正・消去等を当法人に求めることができます。

4.当法人では、各院所・訪問看護ステーションごとに個人情報管理責任者を定め、管理・監督の体制を確立し、個人情報の漏洩、破壊、改ざんを阻止するための最大限の安全対策を講ずるとともに、患者様・利用者様の苦情に対応する窓口を設けます。皆様のご意見等をお寄せください。

個人情報の利用目的・第三者提供についての詳細を説明する文書をご希望する場合は、各病院・診療所は受付に、訪問看護ステーションは職員にお申し出ください。

2005年3月11日

医療法人財団東京勤労者医療会 理事長

同    代々木病院 院長